Binnovative Hosted Social Entrepreneurship Workshop with Japanese High School and College Students(日本の高校・大学生向けに、社会起業についてのワークショップを開催)

admin News

(English follows) Binnovativeはソーシャルインパクトを目指して活動をしている。所謂「ソーシャルアントレプレナー」というカテゴリーのアントレプレナーである。 アントレプレナーシップという言葉の考え方の理解が日米で違うことが多い事実は以前ブログで記載したのだが、ソーシャルアントレプレナーという言葉は、また違った意味で日米で考え方が違うと感じる。 ソーシャルアントレプレナー=社会起業は、社会問題を解決することを誓った形での起業である。日本では、ソーシャルアントレプレナーはお金を儲けてはいけない(ビジネスというよりボランティア活動)、という印象があるのだが、アメリカではソーシャルアントレプレナーも立派なビジネスである。顧客にプロダクトやサービスを提供する中で、その手法のなかにソーシャルインパクトを組み込む。例えば同じ衣服を売るのでも、アフリカの貧しい土地に工場を立ててその土地に雇用を増やすということをすることで、買い手からすると買うにあたって社会貢献の一端を担うという意味=ソーシャルインパクトを与えている。その衣服は通常他のブランドと同等に競争力があるのがアメリカだ。 この夏、Binnovativeは幾つかの団体とコラボレーションして、日本の高校生、大学生にレクチャーを行わせていただく機会があった。我々は、Binnovativeが目指しているものをシェアする手段として、ソーシャルアントレプレナーについてのレクチャー及びワークショップを行った。 常に参加者にハンズオンで経験し、成功体験を得てもらうことがBinnovative流であり、今回はレクチャー後に参加者全員にグループ毎のソーシャルアントレプレナーのビジネスアイデアを考えて発表してもらった。 各々のビジネスアイデアを形にするためのツールとして、リーンキャンバスというフレームワークを使った。これはBinnovativeのFoundersがMBAのアントレプレナーシップのクラスで学んだもので、アイデアを体系化するのにとても優れたツールである。 セッションwith昭和ボストン 7月19日に昭和ボストンの学生さんを対象にセッションを行った。このセッションは、昭和ボストンの有志団体「Showa Dream Factory」の5名と、音楽団体「Women of the World」とのコラボレーションで実現した。同級生にもっと自分のしたいことを実現しよう!と働き掛け活動を行っているShowa Dream FactoryをBinnovativeがサポートすべく本セッション開催を決定した。Women of the Worldのリーダーの植田あゆみさんがCircle Singingという方法でブレーンストーミングをリード。日本人にとってはなかなか苦手なブレーンストーミングだが、リズムにのって思いついたことを自然に体の外に出していくことでどんどんアイデアを出すことが出来た。 リーンキャンバスのレクチャーの後参加者の学生はチーム毎に解決したい社会問題を話し合い、社会貢献度の高いソーシャルアントレプレナーシップアイデアのピッチが行われた。 セッションwith高校生 GPI社の主催する日本の高校生のアメリカツアーの一コマとして、 鴎友学園の高校生(8月3日月曜日)と渋谷学園渋谷及び渋谷学園幕張の高校生(8月5日水曜日)対象にソーシャルアントレプレナーシップワークショップを行った。 リーンキャンバスの説明の後、参加者の高校生はソーシャルアントレプレナーシップのビジネスアイデアを考えてリーンキャンバスに落とし込む作業を行った。リーンキャンバスのコンセプトを理解するところからビジネスアイデアの発表まで3時間程度と限られた時間であったが、全チームが素晴らしいビジネスアイデアを考案して英語でピッチを行った。 8月3日のセッションでは、Showa Dream Factoryのメンバーが鴎友学園の高校生のブレーンストーミング及びリーンキャンバス作成のワークショップのサポートで参加してくれた。7月19日のセッションで取得した知識と経験を既に生かしてしっかり高校生のグループワークを上手くサポートしている姿を見て、 我々の試みに対する手ごたえを感じると同時に彼女たちの短期間での成長を嬉しく思った。 昭和ボストン、また高校生のセッションにて、参加者全員が限られた時間内でアイデアを出してリーンキャンバスに纏め上げてピッチをするところを見て、また参加者のセッション後の達成感に溢れた面々を見て、Binnovative staffは自分たちが目指しているものが多少なりとも達成されていると実感した。 (English) Binnovative aims to create social impact through its activity. We consider ourselves social entrepreneurs. It was previously noted in our blog that the perception of the term “entrepreneurship” generally differs in the U.S. and Japan — the perception of the term “social entrepreneurship” also differs, but in a slightly different manner compared to that of “entrepreneurship,” in the U.S. and Japan. The goal of social entrepreneurs is to solve social issues through their business. In Japan, people generally believe that social entrepreneurs are not supposed to make a profit, but in the U.S. social entrepreneurs are expected to make a profit just like other entrepreneurs. The difference is that their businesses create social impacts as well as deliver products and/or services that consumers look for. For example, when producing clothes, one can build a factory in an underprivileged region of Africa, which will create employment opportunities for locals. By buying the clothes made in the factory in Africa, consumers are helping to create a social impact. In the U.S., such products are usually as competitive, if not more competitive, than conventional ones. This summer, we had the opportunity to host several lectures and workshop sessions for Japanese high school and college students. At Binnovative workshops, the participants always engage in hands-on activities — for the ones conducted this summer, the students created and pitched their own social entrepreneurial business ideas after listening to a lecture by Binnovative staff. In addition, during these workshops, we introduced a method called Lean Canvas, an excellent way to organize business ideas and put them down in writing. Workshop with Showa Boston Students On Sunday, July 19th we hosted a social entrepreneurship workshop for students from Showa Boston (the Boston campus of Showa Women’s University in Japan) in collaboration with Showa Dream Factory, a student organization at Showa Boston, and Women of the World, a Boston-based international ensemble led by Ms. Ayumi Ueda. The participants brainstormed business ideas using a method called “Circle Singing,” which incorporates singing and body percussion into brainstorming of ideas. While keeping in tempo, the participants were able to come up with many ideas. Then the participants formed groups of 3-4 students and discussed a social issue in which each group was particularly interested, after which they created and presented business ideas that tackled the social issue of their interest. Workshop with Japanese High School Students We also hosted a social entrepreneurship workshop for two groups of high school students from Japan, one for the students from Ohyu Gakuen on Monday, August 3rd and another for Shibuya Gakuen on Wednesday, August 5th, as one part of their school trip to the U.S. led by GPI US. We covered lectures on social entrepreneurship and Lean Canvas as well as creating and pitching the students’ social entrepreneurship ideas in a compact three hour workshop. Every team managed to pitch amazing business ideas in English at the end of the session! Moreover, for the workshop session with Ohyu students, the members of Showa Dream Factory assisted the high school students with brainstorming business ideas and creating Lean Canvas presentations. It was very exciting to see them utilize the knowledge and skills they learned at the previous workshop on July 19th to help the high school students. We were very impressed by the quality of business ideas and pitches that each group made at each of the three workshops. Looking at the bright faces of the participants flush with a sense of accomplishment, we feel assured that Binnovative has certainly been making progress in achieving its mission.

Binnovative to Partner with Santouka for Business Plan Competition 2015! (ビジネスプランコンペティション2015開催決定!)

admin News, Uncategorized

(日本語は下にあります) The massively popular Japanese ramen chain, Ramen Santouka, teams up with Binnovative to host a Marketing Business Competition this coming fall. Ramen Santouka founder, Hitoshi Hatanaka, and his family have been crafting mouthwatering bowls of ramen for over 27 years after opening its first shop in Asahikawa (Hokkaido), Japan in March 1988. Since then, they have grown to over 22 shops in Japan alone, and 57 shops worldwide. The company recently opened a branch in Boston, bringing the number of shops in the US to eleven. In collaboration with Binnovative and bringing American and Japanese perspectives together, Ramen Santouka is looking for novel promotion ideas to attract new customers, discover new markets, and expand their business. Winning ideas will be executed by Ramen Santouka in collaboration with chosen team members. The competition provides the opportunity to gain first hand experience with entrepreneurship, as well as the chance to partner with one of the most successful global ramen chains. The competition is open to anyone in the Boston area. You can register through our event website, and we welcome teams or individuals to join. There will be a kick-off meeting in September with the final presentation at the beginning of October. For more details, please click the event page. This event is sponsored by: ID America Questions? Please contact Binnovative: bizchallenge@binnovative.org   (Japanese) この秋、ボストンにて大学生・社会人向けのビジネスコンテスト「Binnovative Business Plan Competition with Santouka」を、らーめん山頭火とのコラボレーションで開催することが決まりました。らーめん山頭火は、北海道発祥のラーメンチェーンで、日本全国、アジア、そして北米にも数店舗を構えています。この春フランチャイズ店をマサチューセッツ州ケンブリッジにオープンし、開店当時からボストンエリアでも人気のラーメン屋として話題になっています。 本コンテストの参加者たちは、らーめん山頭火の東海岸東北部における事業の展開についての企画を出し合い、マーケティング企画の独創性、実現性、有効性などを競います。その中で、日本やアメリカ、そして第三国にバックグランドを持ち、マーケティングやビジネスの知識・経験を有する参加者の間での協力を促すことで、らーめん山頭火にとってより効果的な事業拡大戦略を創り出すことを目的とします。また、多様なバックグランドやスキルを待つ参加者が共にプロジェクトに取り組む過程で、それぞれの異文化理解やアントレプレナーシップ・マインドの醸造に寄与することも目指します。 それぞれの企画は様々な観点から包括的に審査され、優秀な企画はチームメンバーとらーめん山頭火のマネジメントチームとの協力の下に実現される予定です。 個人、または数人のチームとしての参加を募り、個人の参加者についてはチーム作りのセッションが設けられます。  本イベント(キックオフ及びアイディア発表)は9月半ばから10月初旬にかけて行われます。 イベント詳細及び参加申し込みはこちらのイベントページから。 協賛: Information Development America お問い合わせ: bizchallenge@binnovative.org  

Team ASTROM3D(ISAC) proceed to refine prototype (Team ASTROM3D[ISAC],プロトタイプ精錬化へ)

admin News

We are proud to announce that “Team ASTROM3D,” selected as one of five 2015 NASA International Space Apps Challenge Global finalists, will partner with Dr. Julielynn Wong, founder of 3D4MD which specializes in 3D printing medical devices in austere environments. The collaborative “3D Astromed Devices” project, headed by Dr. Wong, will aim to prototype the team’s proposed design. Dr. Wong approached the team, after she saw Team ASTROM3D’s project at this year’s International Space Apps Challenge and was impressed by their design proposal. Team ASTROM3D, which included members from both Boston and Japan, proposed building printable 3D custom medical devices to be used in space as well as on earth. The team presented a range of 3D medical devices, including surgical tools, first aid devices, and instruments used in labor. In addition, the team built a customized orthopedic cast using a 3D scan of a teammate’s arm. After the team was selected as one of five global finalists, Dr. Wong approached the team and invited them to join her “3D Astromed Devices” project. Team lead of ASTROM3D, Kamal Patel, said the team “wanted to address a need of emergency and customized medical devices in space as well as on the earth. We have seen many supply chain disruptions during natural disasters across the world affecting millions of people. So, this was the right time to build on demand and customized 3D medical devices to solve this issue. With the help of Binnovative, we were able to team up with students from University of Tokyo to work on this challenging task and have successfully built 3D printable devices, which were well acknowledged by NASA who placed us in a global top 5. It was a pleasure and joy to work with Japanese students,  and to know their culture and tremendous work ethic. To take it further, we are in touch with some clinicians and university to test these devices in a clinical facility and make them go through some rigorous testing.” About 2015 NASA International Space Apps Challenge (ISAC): The International Space Apps Challenge is an international mass collaboration focused on space exploration that takes place over 48-hours in cities around the world. Follow the link for more details: http://www.spaceappsboston.org/ About Dr.Julielynn Wong: Dr. Julielynn Wong is a  Harvard-educated, award-winning physician, innovator, and communicator. She founded 3D4MD, a company which specializes in pioneering 3D printing medical devices in austere environments. She served as one of the judges at the 2015 Toronto NASA ISAC.   (Japanese) NASA International Space Apps Challenge (ISAC)のグローバルファイナリストに選ばれたTeam ASTROM3D (Boston-Tokyo mix team)が、Dr. Julielynn Wongと共に、彼らが提案したデザインのプロダクトをより精密なプロトタイプにするプロジェクトに参加することになりました。Dr.Wongは今年のInternational Space Apps Challengeのチャレンジ、“3D Astromed Devices” を提案、これに対しTeam ASTROM3Dから提出されたアイデアを高く評価しプロトタイプを一緒に精錬化しないかとチームに提案し、チームがこれに応じたものです。 Team ASTROM3Dは今回のNASA ISACで、宇宙で利用できる様々な3D医療器具を考案。手術用器具、救命キット、3Dプリンターで成形したキャスト、妊娠時に利用できるツール等を提案しました。 ASTROM3DのチームリーダーKamal Patel からは、本件について下記のようにコメントしています。 “今回のハッカソンでは、宇宙でも地球上でも使える、カスタマイズできるような医療器具の必要性を訴えました。 自然災害などの際、サプライチェーンが途切れて物資が滞る状況を我々はたくさん目にしてきました。この問題を解決するためには、3Dプリンターを使って、個々のニーズにカスタマイズできる医療器具が必要だと感じたのです。今回の大会に出場し、Binnovative のサポートも得たお陰で、東京大学の生徒達とこの問題を解決することができ、グローバルファイナリストに残ることができました。また、彼らと共に作業することで、日本の文化と彼らの勤勉さに触れることができ、とても貴重で有意義な時間を過ごすことができました。現在、アイデアをさらに形にするべく、クリニシャンや大学と連携しながら、我々が提案した医療器具を臨床施設でテストするため、準備を進めています。” NASA International Space Apps Challenge (ISAC)について: NASA International Space App Challenge(ISAC)は世界130か所以上で同時開催されるハッカソンです。このグローバルクロスコラボレーションイベントで、参加者は、二日間、27時間をかけてNASAが呈示する課題を解決しました。http://www.spaceappsboston.org/ Dr. Julielynn Wongについて: Dr. Julielynn Wongはハーバードのフィジシャン、イノベーター、コミュニケーターで、今年のNASA ISAC Toronto ではジャッジを務めました。NASA ISACは毎年、チャレンジをコミュニティーメンバーの各分野のスペシャリストから募集しており、”3D AstroMed Devices” Challenge は彼女によって提案されたものです。 ――― Team ASTROM3D : https://2015.spaceappschallenge.org/project/astrom3d/ Kamal Patel (Boston), Arthur Choe (Boston), Harsha Kalidindi (Boston), Raewyn Duvall (Boston) Hiroya Matsubara (Kashiwa, Japan), Shinnosuke Wanaka (Kashiwa, Japan)  

Cool Japan: Lessons of cross-cultural business exchange / クールジャパン:異文化間での経済交流における道標 (By Jessy)

admin Blog

7/22/2015  By Jessy LeClair (日本語は下にあります。) This summer, I had the opportunity to speak with a spokesperson at the Cool Japan Fund. Talking to her, I felt excited about the potential of Binnovative to support the efforts of companies like the Cool Japan Fund. While overseas investment by Japan has reached record highs, businesses still face numerous challenges when expanding into overseas markets. The spokesperson provided insight from the Japanese perspective into two major challenges faced by Japanese companies: first, lack of financial support and second, lack of an overseas base. To help overcome the challenge of funding, the Japanese government created the Cool Japan Fund to invest in companies and support an explosion of Japanese goods and services worldwide. However, Japanese companies must still overcome difficulties associated with lacking an overseas base for launching businesses. Specifically, Japanese companies lack sufficient information, know how, and understanding of consumers in that locale. I believe that challenge can be perfectly met by the people of Binnovative, who include multicultural students and professionals from diverse backgrounds in IT, government, and academia. Binnovative aims to promote entrepreneurship and collaboration, especially through supporting cross-cultural partnerships between Boston and Japan. We can help prepare people with the entrepreneurial skills and multicultural mindsets required to meet the needs of Japanese businesses and to help them overcome their lack of an overseas base. We can provide diversity of perspectives, as well as local expertise. Our staff, members, and event participants can gain the experience to engage with Japanese businesses interested in launching overseas. Together, as Japanese companies reach abroad, Binnovative is reaching back! (To learn more about Cool Japan Fund, please visit their website http://www.cj-fund.co.jp/en/.)   (Japanese) 先日、クールジャパン機構広報担当の方とお話しする機会があったのですが、そこで私はBinnovativeが持つ更なるポテンシャルである、クールジャパンのような取り組みをサポートするという可能性を感じ、大きな興奮を覚えました。 日系資本による対外直接投資は過去最高を記録していますが、日系企業が海外に進出する際の課題は未だに多く残されています。お話ししたクールジャパン機構広報担当の方によれば、日系企業が海外進出するにあたっては、資金不足と現地での拠点の欠如という二つの特に大きな問題があるようです。クールジャパン機構は、その資金不足という課題を解消して日系の製品やサービスを世界に広めようと目論む日本政府によって設立されたファンドです。 しかしながら、海外拠点の欠如という障害は残ります。特に、現地の消費者・マーケットについての情報やノウハウが十分にない場合が多いようです。私は、ITや政府関係、研究機関など様々な分野で活躍し、日本やアメリカ、そして第三国で活動した経験のある社会人や大学生・大学院生からなるBinnovativeが、こうした課題の解決に役立てると強く信じています。 Binnovativeは、アントレプレナーシップと異文化間でのコラボレーションの促進をそのミッションとしています。Binnovativeは、多角的な視点とアントレプレナーシップ豊かな人材、つまり海外進出にあたって日系企業が必要とする人材の育成の一手を担っているのです。Binnovativeの開催するイベントを通じて、参加者、そしてスタッフも実践的なスキルと経験を積むことができます。 この先、ボストンの地から日系企業の海外進出をサポートできるかもしれないと思うと、胸が高まります。 (クールジャパン機構について:http://www.cj-fund.co.jp)

Harnessing Japan’s Potential / 日本の可能性 (by Dana)

admin Blog

6/12/2015 By Dana Fager (Japanese follows. 和訳は英語の後にあります。) What can international exchange foster? You may think of cultural understanding or linguistic proficiency. But the opportunities are vast. What about technological innovation and entrepreneurial spirit? Japan currently exhibits a comparatively low level of entrepreneurial activity. But Binnovative’s founders, Japanese citizens active in the Greater Boston area, experience daily the never-give-up attitudes, the whirlwind innovation, and the courageous entrepreneurial spirit of technological geniuses and difference makers who call Boston home. How can these Japanese citizens living in Boston share such an exciting world with Japanese citizens living in Japan? Binnovative fills the gap: It is a platform for sharing ideas and collaborating on cross-cultural projects. Binnovative utilizes online communication tools to allow Japanese citizens who are open to unique, non-traditional paths to meet experienced, successful innovators from the Boston area. Japanese people who are interested in entrepreneurship and innovation can seek advice from the Boston experts. And entrepreneurial folks in Japan seeking like-minded global citizens can turn to Binnovative for an active, inspirational community. An important goal of Binnovative is to raise awareness and instill in Japanese youth an curiosity for innovation and entrepreneurship. There is nothing more fulfilling than seeing young people light up with enthusiasm as they develop a business plan or create a product or service that bridges cultures and has a positive social impact. Through events led by Binnovative, members and participants gain valuable skills necessary for success in today’s global, hands-on workplaces. Through the experiences provided to its members and event participants, Binnovative endeavors to bring about a brighter future not only for the nation of Japan, but also for the world. (Japanese) 「国際交流」は一体何を私たちにもたらすでしょうか。真っ先に思い浮かぶものでは、異文化交流や外国語の習得などがあるかと思います。でも、それはきっと国際交流がもたらすものの、ほんの一部にしか過ぎないでしょう。例えば、革新的なテクノロジーや起業家精神なども、国際交流によってより多くの人々に浸透していくものではないでしょうか。 現代の日本社会では、新しいことに取り組もうとする気風が他の国に比べても特に少ないというのが現状です。しかし、Binnovativeの創設メンバーであるボストンで活躍中の日本人たちは、ボストンの地ならではの人々の粘り強さ、旋風を巻き起こすイノベーションの数々、そしてリスクを恐れない挑戦者たちを日々、目の当たりにしています。果たして、彼らはどのようにすれば、その経験を日本国内にいる人々と共有することができるのでしょうか。 その手段の一つが、Binnovativeです。Binnovativeは、異文化間でのアイデアの共有、更には異文化間での共同プロジェクトの促進などをそのミッションとして掲げています。例えば、インターネットを使い、新たな挑戦を求める日本人と、ボストンで活躍するプロフェッショナルを繋ぐなどの活動をしています。その中で、 常に主体的に活動する刺激的なコミュニティーを探している人は、Binnovativeの運営チーム自体に参加することもできます。 Binnovativeの一つの大きな目標は、日本の現代の若い世代に、挑戦と革新に対する興味と希望を抱いてもらうことです。若い彼らが情熱を持って、将来社会に貢献するであろうプロジェクトを思案・実行している様子を見るのは、この上なく喜ばしいことです。Binnovativeのイベントを通じて、参加者たちは常に変化し続ける今日のグローバルな社会を生き抜く術を学ぶことができるのです。こうした活動によって、Binnovativeは日本のみならず、世界中に輝かしい未来を創ることを目指します。